黒川日銀総裁が長期金利を下げる

2013年5月22日金融政策決定会合の後の記者会見で黒田東彦日銀総裁は長期金利の上昇傾向に対して「ボラティリティが過度に拡大することは回避しなければならない」と発言しました。ボラリティとは投資家の間ではボラとか呼ばれている変動率のことですね。この幅が大きいと投資家は利益を出しやすいと言われています。

 

これは金利上昇を容認しないということです。そして国債買い入れのオペレーション(買いオペ)を行い公開市場操作を行うとのことです。

 

今の実体で経済に影響はないとのことですね。

 

これは、本当に大胆な金融政策ですね。国債も利幅を見て色々な種類を買うようですし、投資家の人もチャンスかもしれませんね。 白川元日銀総裁と比べるとすごい積極的で驚きます。

 

しかし、現実円安、株高ですので今のところは黒田日銀総裁の評価の方が高いです。

 

金融政策に戻る
アベノミクスで金融・経済は?のトップページに戻る